--------------------

--------------------


条件式の詳細

条件式は、先頭にシャープ(#)を付けて記述します。シャープに続けて、記述形式に従った検索条件を指定します。
条件式は、図書館の資料を検索するときにだけ利用できます。

条件式の記述形式

条件式では、条件を指定する検索項目と、その検索項目に指定する値を組で記述します。 検索項目と値の組は、複数を組み合わせることができます。
条件式は、限定子と演算子を使って記述します。

  • 限定子

    検索項目を表す文字列です。 2文字のアルファベットによる簡略形も用意されています。

  • 演算子

    複数の値や、複数の検索項目と値の組を、どう組み合わせて評価するかを指定する文字列です。 演算子には、and、or、not、near、followedby、および丸カッコがあります。

演算子の意味と指定例を以下に示します。

演算子 意味 指定例
解釈
and すべてにあてはまる コンピュータ and ネットワーク 「コンピュータ」と「ネットワーク」の両方にあてはまる
or どれかにあてはまる コンピュータ or ネットワーク 「コンピュータ」か「ネットワーク」のどちらかにあてはまる
not どれにもあてはまらない not コンピュータ 「コンピュータ」にあてはまらない
コンピュータ not ネットワーク 「コンピュータ」にあてはまるが、「ネットワーク」にはあてはまらない
near 2つの文字列が近くに出現する(順不同) コンピュータ near ネットワーク 「コンピュータ」と「ネットワーク」にあてはまり、2つの語の間にある文字の数が20以下である
コンピュータ near(5,10) ネットワーク 「コンピュータ」と「ネットワーク」にあてはまり、2つの語の間にある文字の数が5以上10以下である
followedby 2つの文字列が近くに出現する(指定順) コンピュータ followedby ネットワーク 「コンピュータ」と「ネットワーク」がこの順に現れ、2つの語の間にある文字の数が20以下である
コンピュータ followedby(8) ネットワーク 「コンピュータ」と「ネットワーク」がこの順に現れ、2つの語の間にある文字の数が8以下である
( ) ( )内を優先して展開する 情報 and ( コンピュータ or ネットワーク) 「コンピュータ」か「ネットワーク」のどちらかにあてはまり、かつ、「情報」にもあてはまる

nearおよびfollowedbyは、2つの語の間にある文字の数を任意に指定することが可能です。 「(A,B)」は「A文字以上B文字以下」、「(C)」は「C文字以下」を意味します。 文字数の指定は、nearやfollowedbyの文字に続けて、スペースを入れずに入力します。
限定子や演算子は、全角、半角、大文字、小文字のどれで記述してもかまいません。

補足

  • 限定子、演算子、イコール(=)、およびシャープ(#)を値として指定するときは、ダブルクォート(“)で囲んで記述します。

検索項目と値

条件式では、検索項目とその値を、「限定子=値」の形で指定します。 限定子と値を結ぶイコールは、全角で記述しても半角で記述してもかまいません。
所在など、値がコードでも提供されている検索項目では、値をコードで指定することも文字列で指定することもできます。
「所在が閲覧室か書庫の資料」、「書名にバレーボールが含まれるがビーチが含まれない資料」など、1つの検索項目に対して複数の値を指定するときは、演算子を使います。

条件の組み合わせ

検索項目と値の組を、組み合わせて指定することができます。 組み合わせて指定するときは、演算子を使います。

限定子一覧

限定子 条件の項目 補足
標準 簡略形
KEYWORD4 K4 キーワード 通常検索の入力欄も同じ
TITLE TI タイトル
AUTHOR1 A1 編著者名
SUBJECT SU 件名
PUBLISHER PU 出版
YEAR PD 出版年 開始年と終了年をハイフン(-)で結ぶ(*1)
JFGROUP JF 和洋区分 コード指定
LANGUAGE LA 言語 コード指定
CLASS CC 分類
CALLNO CA 請求記号
ISBN SB ISBN
ISSN SS ISSN
GSMD GS G/SMD コード指定
NCID NC NCID
LOCATION LO 所在 コード指定
ARRIVAL AR 新着
MATERIALID MA 資料ID
ANNEX AN 分館指定 分館番号指定
USER11 U11 項目1 部分一致で検索
USER12~USER110 U12~U110 項目2~項目10 部分一致で検索
USER21 U21 コード1 コード指定
USER22~USER210 U22~U210 コード2~コード10 コード指定
USER31 U31 項目1 部分一致で検索
USER32~USER310 U32~U310 項目2~項目10 部分一致で検索
USER41 U41 コード1 コード指定
USER42~USER410 U42~U410 コード2~コード10 コード指定
DGROUP DG 電子化区分
EJOURNAL EJ 電子資料
EJAGENCY EA 電子資料提供者 コード指定

(*1) 出版年は、開始年または終了年を省略することができます。 ハイフンなしで年だけを指定すると、その年だけを検索します。

dokuwiki_pagefooter

--------------------

dokuwikifooter